社会人の医学部受験と予備校選び

大学のあらゆる学部のなかでも最難関にあたるのが医学部

医学部 予備校医学部受験予備校シナプス - 白金台

いうでもないことですが、大学のあらゆる学部のなかでも最難関にあたるのが医学部です。
医学部に進んだ生徒は、やがては医師となって、病気やけがをした人々の治療や予防にあたることになります。
もしもそれ以外の進路をとった場合であっても、たとえば製薬会社のなかで率先して新薬開発にたずさわったり、あるいは大学に残ってさまざまな研究をするなかで病理を解明したりと、いずれにしても人間の生命や健康といった重要な分野を担うことに変わりはありません。
つまりは間違いがあっては取り返しがつかないことになるため、広範な知識を身につけるとともに、実習などによる現場経験を積んで、万全の状態を保つことが必須です。
その前提条件を満たすかどうかを把握するための手段が大学入学試験ですので、難しい内容が出題されるのも道理といえます。
実際に全国各地にある大学の医学部を受験するのは、現役で高校で学んでいる生徒や、あるいは前回の試験に不合格となったために再チャレンジを目指す浪人生が多くを占めています。
しかし最近ではそのようなステレオタイプな受験生像が成り立たない場合も多くなっています。
その典型的な事例は社会人受験を目指す人々ですが、これからの医療のありかたを考える上でも、異色の存在こそ貴重な財産となってくることが期待されます。
社会人は多くの他の受験生とは異なり、いったん広い社会の実際に体験した上で学びの場所に舞い戻ってきた人たちですので、医学以外の分野での知識や経験をもっているところが最大の強みです。
これからの高齢化社会のなかでは、医療もサービス業のひとつとしてサービス水準の向上を目指さなければなりませんが、その意味では社会経験はかなり役立つことは確かです。

上位国公立や早慶なら努力次第でどうにかなるが、東京一工上位医学部レベルになると予備校行ってないと普通に詰むと思うんですが

— ぬっこ浪 (@Ro2n_Kai) 2019年11月27日

大学のあらゆる学部のなかでも最難関にあたるのが医学部社会人の場合は現役生や浪人生とは違うハードルの高さを抱えている大学合格の実績が豊富なところを選ぶのがよい